【もしまさ代が『〇〇』を読んだら Vol.1 エディ・ジョーンズ『ハードワーク 勝つためのマインド・セッティング』編 Chapter.1

もしまさ代が『〇〇』を読んだら】Vol.1  エディ・ジョーンズ『ハードワーク 勝つためのマインド・セッティング』編 Chapter.1

こんにちは、あなたのまさ代です。

ご機嫌いかがかしら?

なかなか梅雨も明けないから、眩しい太陽が恋しいわね。

令和はじめての夏は、お仕事もプライベートも充実させていくわよ、あなたも!

今回のテーマは

「エディ・ジョーンズ『ハードワーク 勝つためのマインド・セッティング』編 Chapter.1」よ!

…読んだわ、3年位前かしら。コーチングの本なんだけど

なかなか実践できるコトが多かったわ!

ちょっと経験をもとにご紹介していくわね。

「メッセージはシンプルを心掛けよ」

…アタシの場合で恐縮だけど、アレね、

仕事でも何でもそうなんだけど、指示や申し送りなど

キチンと相手に伝えても、理解してくれる人と、長いメッセージだと

理解出来ない人がいるってことなの。

もう、その人のつくりだから、仕方ないわ。理解してくれる方はいいんだけど

理解してくれない人にどう、理解させるかなの。

答えは簡単だったわ。シンプルに伝えればいいの!

…そうねぇ、例えば相手が外国人だったら、伝え方も

丁寧にすべてを伝えようとしちゃダメね。

「コレとアレを明日15:00までに!」とかでいいわ。

あまり多くを伝えすぎると、わからない場合が多いの。

中国人の女性とお仕事をした時に、結構…伝わらなかったわ。

簡単なところだと

「お箸をどうぞ!」とか「どうもありがとう」も、伝わらない時があるの!

…なんで?って思ったわ!

言い方が、悪かったかしら?とか

機嫌が悪かったのかしら…とか、もう

頭の中ぐるぐるだったわ…(泣き)

伝わる言い方は

「箸」や「ありがとう」なの。

「お」をつけて言うと、わからない、違う意味になることがあるらしいのよ。

どうもありがとう…も、ありがとうのほうが、伝わるわ。

じゃ、日本人はどうかしら?

…やっぱり、多くを伝えるとキチンと理解していない、出来ない日本人もいるのよね。

だから、なるべくシンプルに!あるいは、ご存じだと思うけど、結論から先に

伝えると、理解されやすいわ。

アタシたち日本人は相手に失礼のないよう、丁寧に伝えすぎる傾向があるみたいね…

時と場合によって、使い分けないとダメね、やっぱり。

同僚や部下には、そうねぇ…生まれたときから特異な病気を持っている人もいるわ!

だから、ひとつのコトに長けていても、複数の案件は、同時に処理できない!って場合もあったの。

はじめは、「なんで、わかってくれないのかしら?」と悩んだわ。

で、いちばん思いがちなこと…アタシもそれで失敗したんだけど

私に出来るんだから、あの人も出来るハズ…!

コレよ!これが大きなミスにも繋がったことがあるわ。

そのとき反省したのは、人はアタシと同じじゃないし、みんなひとり・ひとり違うってコト。

だから、誰かの上に立つ人になっているのなら、よくよく部下や社員を観ることだわ。

得手不得手はもちろん、際立つ何かがあれば、それをどうしたら活かせるか…とか。

ちょっと長くなっちゃったわね。

上手く伝わっていたら嬉しけど、紹介した内容は、

ほんの1つの項目よ。

読んでくれた、あなたの何かしらの参考になれば嬉しいわ♪

それじゃまた次回!

あなたのまさ代でした☆