エンジェル投資 失敗したら?

エンジェル投資とは、個人投資家が、資金調達が困難である企業に対して出資をおこなうことである。
銀行など金融機関のように「審査」が厳しいものではなく、個人投資家の判断によって投資されるため、比較的、投資をしてもらいやすいというメリットがある。
また、「融資」と異なり、出資金を返すことが義務ではない。
しかし、エンジェル投資家に投資をしてもらって成功すればよいが、失敗したときはどうなるのだろうか? 本当に出資金を返さなくてもよいのか?
再度、起業する際に、投資してもらえなくなるのだろうか?
失敗しないために気を付けるべきところは?
さまざまなことが不安になるだろう。そのような不安を解消するために、失敗したあとのこと、失敗しないためにするべきことを解説していく。

エンジェル投資してもらったけれど、失敗したら出資金はどうなる?

投資家にとって無駄になったとはいえ、起業家に返還する義務はない。
融資のように借金にならないというところもまた、エンジェル投資が注目されている理由のひとつ。
ただ、エンジェル投資家の中には「事業が失敗しても返還しなくてもよい」と言いながら、契約書には失敗した時に返還するよう記述していることもある。
その契約書にあなたが判子を押してしまったなら、後で後悔することになっても契約書通りにしなくてはいけない。
契約書をしっかりチェックし、返還義務について書かれていなければ、投資されたお金については心配しなくてもよいだろう。

失敗したあとはどうなる?

一度事業に失敗したからといって、二度と投資をして貰えないというわけではない。
エンジェル投資家の中には元起業家である経営者が多い。
元起業家の経営者たちの中には、過去にエンジェル投資を受けた恩を返すために、自身もエンジェル投資家になったという人もいる。
当然、彼等も失敗を重ねている。エンジェル投資家に投資してもらい、失敗したという経験があるため、失敗に対する理解はある。
また、そのリスクを考慮したうえで、マーケットの拡大や技術の進歩を望み、出資している人もいる。
もちろん、寄付ではなく「投資」であるため、リターンを望まないわけではない。
ただ、エンジェル投資は「10失敗しても1成功すれば大成功」といわれている。
1成功するために10は失敗するかもしれないというリスクが通説になっている中で投資をおこなっており、「余裕資金」でおこなわれていることが多い。
以上から、 一度事業に失敗したからといって、二度と投資をして貰えないというわけではない。
再び投資家たちに投資したいと思われる事業計画書を作り、自分の事業に合った投資家を選び、 次こそ失敗しないよう対策をするべきだ。

エンジェル投資してもらうときに気を付けること

エンジェル投資家について入念にリサーチする

エンジェル投資家の中には、起業家にすべて任せる投資家、起業家にアドバイスを求められたら応える程度の投資家、あるいは投資した事業を必ず成功させたいと強く思い、経営を管理しようとする投資家がいる。
経営に過干渉な投資家に投資してもらうことになると、起業家が考える事業計画の通りにいかなかったり、起業家の希望することが叶えられなかったりするなどして、トラブルに発展することがある。
この場合、契約を交わす前に、そのエンジェル投資家に対するリサーチが足りなかったことや交渉が足りなかったことが原因だといえるだろう。
エンジェル投資をしてもらう前に、投資家について調べておくことは重要だ。

気をつけるべきエンジェル投資家の特徴

エンジェル投資家の多くは非常に良心的でエンジェル=天使のような存在だ。
しかし、一部ではあるが、エンジェルと呼ぶには疑わしい投資家も存在する。

1. 反社会的勢力と関わりがある

エンジェル投資家が反社会的組織と関わりがあった場合、例え投資をしてもらっても、まず上場はできないといわれている。
あなたが上場することを目指しているのであれば、クリーンな投資家であるかを必ず調査しよう。

2.すぐに投資を決める

「今すぐ投資できます」は、資金調達に困っていてギリギリな状態であった場合、とても魅力的に感じる言葉である。
しかし、事業内容も起業家の人間性も知らず、成功の見込みがあるかわからない状況で出資をする投資家がいるだろうか?
エンジェル投資家はリターンを求めていないわけではないため、投資先についてよく調べる。
また、事業内容、ビジネスビジョン、人間性がわかるような質問をしたり、起業家たちと多くのコミュニケーションをとるだろう。
すぐに投資出来るという言葉は魅力的だが、投資詐欺の可能性もあるため、避けたほうが無難である。

3.億単位で投資する

上場企業の株式を買い占めるような大物の投資家ですら、最高の投資金額は5000万円ほどといわれている。
そのような中で、1億円以上を投資しようとする投資家はやめたほうがいいだろう。
契約書にわかり辛い形で返済義務について載せていたり、経営を厳しく管理するなど、何かしら利益になるものを得ようとしている可能性が高い。
多額の資金に惹かれないように気をつけよう。

エンジェル投資家に株式を多く割り当ててしまう

エンジェル投資家に投資してもらう時は、会社の株式を発行する。
多額の資金を投資してもらったことや、エンジェル投資家を信じすぎてしまうことから、株式を多く割り当ててしまう起業家がいる。
株主は、株主総会において会社の基本方針や経営に関わる重要な事項に対して議決権をもつ。
持ち株比率が高いほど、議決権は大きくなる。
そのため、結果的に経営者より投資家の持ち株率が高くなってしまうと、経営の議決権が投資家にほとんどもっていかれてしまい、思うように経営していくことができなくなる。
また、持ち株率が低い経営者に資金を投資してくれるベンチャーキャピタルは少ない。
つまり、その後の資金調達にも影響してくるということだ。
株式についてはよく勉強しておくこと、安易にエンジェル投資家の要求を飲まないことが大切だ。

エンジェル投資をしてもらったあとによくある失敗

良いエンジェル投資家に出会うことができ、投資をしてもらった場合、多額の資金が調達できたことにより、今までお金をかけられなかったところにお金をかけたくなったり、事業をどのように展開していくかをよく考えるだろう。
その際、起こりがちな失敗例を紹介する。

①広告費にお金をかける

スタートアップ企業が苦労するところのひとつが広告費である。
名を広めようとすればするほど、広告費は非常に高いもの。
エンジェル投資家から多額の資金を調達できたことで、それまでできなかったこと、資金調達によってできることといったビフォーアフターを考えると、「広告費」に目がいってしまうだろう。
「もっと事業を知ってもらえば業績が伸びるだろう」と考える起業家は少なくない。
しかし、広告費を多くかけたところで、商品が需要にマッチしていないと無駄になってしまう。
広告をかける前に、今の流行りに乗っているサービス(商品)であるか、または流行りそうなほど質の良い サービス(商品)ができているかを確認するべきだ。
もし、今はまだ違うかもしれないと思うのであれば、 サービス(商品) の開発や販売方法などにお金をかけよう。

②人件費にお金をかける

「人を増やして作業効率を上げれば、事業が拡大できるだろう」
「良い条件を出せば、良い人材が集まるだろう」
このように考える起業家がいる。
確かに、人件費も多額の資金によって叶えられるところである。
ただ、本当に人材を必要としているだろうか? 事業の状況を考えよう。
今の人数でも事業がまわっているのであれば、強化すべきところではない。
また、お金を出せば良い人材が集まるという根拠はない。
履歴書にすばらしい経歴が書かれていたとしても、働いてみないと、期待通りの人間かどうかはわからない。
例え仕事はできたとしても、社内の空気を乱すような人であったりする可能性もある。
会社はチームで動いているため、ただ有能なだけではいけない。
あるいは、チームワークができ、有能である人材を雇えたとしても、短期間で辞めていき、人件費が無駄になることもある。
人件費はリスクを伴うところであるため、慎重に考えるべきだ。

③オフィスを新しくする

多額の資金が調達できたことで、新しいオフィスを借りたりする。
または、新しい店舗を増やして、事業拡大を狙うこともあるだろう。
気を付けたいのが、これらにかかる固定費である。
立地良し、アクセス良しの物件を借りると、それだけ固定費が高くなる。
後々、資金調達がうまくいかなくなったり、会社の売上が低下してしまったりと不調な時が来ても、その固定費を支払い続けなければいけないという状況になるおそれがある。
多額の資金を一気に手に入れると、起こりやすい失敗である。
オフィスを新しく借りたりすることは今本当に必要かどうかを考えよう。
また、会社の業績が不調になった時、固定費を補うことができるだろうか? それほどの安定性はあるか?などを考える。
それでも決定することが難しければ、信頼できるメンターや先輩起業家に相談することを薦める。

まとめ

エンジェル投資は、株式を割り当てるかわりに返済義務がない。そのため、たとえ事業が失敗したとしても1円も返済する必要がなく、借金というリスクが減る。
また、失敗したからといって、もう投資をしてもらえないということはないので安心して欲しい。
ただ、投資家たちも寄付ではなく、何らかのリターンを求めるのが投資だ。
投資家たちの期待を裏切らないためにも、次こそ失敗しないよう、多くの対策をしなければならない。
エンジェル投資をしてもらう時は、そのエンジェル投資家について入念にリサーチする。
また、エンジェル投資家に割り当てる株についての知識を備えておこう。
そして、エンジェル投資をしてもらった出資金は慎重に使う。
高い広告費、人件費、固定費。多額の資金を一気に調達できると、これらにかけてしまうことが多い。
それよりも、 サービス(商品) の質を上げたり、販売戦略を練ったりと、未来に確実に繋がると想定されるものに重きを置こう。
エンジェル投資総研では、エンジェル投資の経験があるプロのスタッフが、実際に足を使って投資家をスカウトすることもおこなっており、信頼できるウェブマッチングサービスだ。
ここで良いエンジェル投資家に出会うことができれば、あなたを成功に導く、素晴らしいアドバイザーになってくれるはずである。