エンジェル投資とは? エンジェル投資をうけるためには?

実績や信用がないスタートアップ企業でも、天使=エンジェルのように救ってくれるのが、エンジェル投資である。

GoogleやAmazon、Facebookなども、当初、エンジェル投資をしてもらい、今では誰もが知る企業となっている。

もし、ビジネスプランがあるものの、実現が困難で諦めてしまっているのであれば、ぜひ一度エンジェル投資を考えてもらいたい。

この記事では、エンジェル投資とはどのようなものか、エンジェル投資をしてもらうためには何が必要なのかを解説していく。

エンジェル投資とは

エンジェル投資とは、スタートアップ企業や運営資金が足りない企業に、投資家が個人で投資をおこなうことだ。

立ち上げる段階の企業は信用や実績がなく、人脈もなければ、銀行など金融機関は相手にしてくれない。そういった資金調達に困った時、手段のひとつが「エンジェル投資」である。

エンジェル投資の投資額は、数百万~数千万円程度と、少額なことが多い。

また、銀行などの金融機関と異なり、エンジェル投資をする個人投資家の判断によるため、投資してもらうまでの期間が早かったり、比較的投資してもらいやすいという特徴がある。

このエンジェル投資とよく間違えられるもので、ベンチャーキャピタルやクラウドファンティングなどが挙げられる。

ベンチャーキャピタルとのちがい

ベンチャーキャピタルは、ベンチャーなどの非上場企業に対して、ハイリターンを狙って投資する組織や会社を指す。

ベンチャーキャピタルとエンジェル投資家では、組織と個人という違いがあり、投資する金額にも大きな差がある。

数百万~数千万の投資と違って、ベンチャーキャピタルは数億~数百億投資をする。

多大なお金をかけるだけに、失敗した時のリスクも大きいため、投資した企業の経営を厳しく管理する傾向がある。

クラウドファンディングとのちがい

クラウドファンディングもまた同じく投資の仕組みではあるが、 こちらはクラウド(群衆)の投資家=複数の支援者による投資である。

クラウドファンディングは1人の支援者が投資する額は少額であり、支援者の人数によって投資額が変動する。

エンジェル投資の目的とは?

実績や信用がまだない企業にも、数千万円単位の投資をしてくれるというエンジェル投資家。その目的は、それぞれのエンジェル投資家によって異なる。

ここでは、最大公約数的な目的を紹介する。

多額のリターンを得る

多くのエンジェル投資家の目的は、結果的に多額のリターンを得ることである。

エンジェル投資家に投資してもらう時、起業家は株式の一部を提供する。

エンジェル投資された企業が成長し、上場企業になれば、株の価値は何十倍にも跳ね上がる。

その株を、エンジェル投資家が株式市場で売却することにより、リターンを得るというわけだ。

例えば、GoogleやFacebookなども起業時にエンジェル投資家に投資してもらっている。

Facebookはエンジェル投資家に約5,500万円投資してもらい、結果、約1,000億以上の評価額となった。Googleは約1,100万円を投資してもらい、評価額は約300億円になったといわれている。

つまり、投資した企業が大当たりすれば、約1,000倍、2,000倍以上のリターンがあるということだ。

そのために、エンジェル投資は「100失敗しても1成功すれば、大成功を収められる」といわれている。

優秀なビジネスを成長させたい

エンジェル投資家の多くは、元起業家の実業家である。

エンジェル投資家たちもまた、スタートアップ時に苦労をした経験を持っているため、優秀なビジネスを助け、成長させたいという想いがある。

また、あるマーケットで成功を収めてきた実業家には、そのマーケットを盛り上げたいという気持ちがある。

そのため、特定のマーケットで活躍しそうなスタートアップ企業を積極的に支援する投資家も存在する。

エンジェル投資をしてもらうメリット・デメリット

エンジェル投資をしてもらうメリット

 1:出資金を返さなくてよい

銀行の「融資」と異なり、投資してもらった出資金を返さなくてよいというメリットがある。契約上においても、返済を約束させられることはない。

銀行などの金融機関で融資してもらった場合、 事業が失敗し、会社を手放さないといけなくなった時は、借金のような形で残ってしまう。

しかし、エンジェル投資なら返済義務はないため、借金に追われるというリスクが軽減される。

 2:人脈を得られる

スタートアップ企業には、資金調達以外に、人脈を構築する苦労もある。

エンジェル投資家は、元起業家や経営者であり、広い人脈をもつ人物が多い。

そのため、エンジェル投資家を通して、ビジネスの役に立つ人脈を構築することができるという利点がある。

 3:経営コンサルティング

これもまた、エンジェル投資家に元起業家や実業家が多いためのメリットである。

エンジェル投資家にまで成長した起業家、実業家たちは、数千万の投資をできるほど稼いでいることが多く、いわば成功者たちである。

成功者に経営アドバイスをしてもらうことで、確かな成長が期待できる。

エンジェル投資をしてもらうデメリット

 1:出資額が低い

エンジェル投資家が投資する額は、数百万から数千万円。あまり億単位の話は聞かない。

もし、あなたが億単位になる事業を計画しているなら、エンジェル投資家ではなく、ベンチャーキャピタルや銀行などを頼りにした方が良いだろう。

 2:経営し辛いことがある

エンジェル投資家の中には、経営を任せる投資家もいれば、確実に企業を成長させようと、経営を厳しく管理しようとする投資家もいる。

もちろん事業を成長させることにおいては、必要なことに違いない。

ただ、起業家がやりたかったことと投資家が事業をどのように進めていきたいかに相違が生まれ、不満を感じている起業家も存在する。

 3:会社を成長させなくてはいけない

忘れてはいけないのが、これは「寄付」でなく、「投資」だということ。

エンジェル投資家は、企業を成長させたい、マーケットを大きくしたいなど、期待を持って投資している。

返済義務はないが、その期待に応える努力を怠ってはいけない。

エンジェル投資してもらうには?

企業は立ち上げ時、軌道に乗せることがとても難しいものである。

そのため、エンジェル投資家たちはあらゆる面において見極め、投資する企業を選んでいる。

あの有名なAmazonもエンジェル投資家に断られることがあった。

エンジェル投資家が主に見ているところ、確実に必要なことについて解説する。

魅力的なビジネスモデルをもっている

どのような目的で、どこのマーケットを狙い、どのような影響を与えるか。

年単位の計画、数値目標。売上高〇〇億円、ユーザー数〇〇人など、明確にすることは大切だ。

ただ、エンジェル投資家たちは大きな数値目標には、あまり注目していない。

ベンチャー企業が掲げる数値目標は確実性はないものであり、揺れる可能性があると考えているからだ。

そのため、最も見ているのは、目的、狙い、影響といったビジネスモデル。

エンジェル投資家には、あるマーケットを盛り上げたい、優秀なビジネスを成長させたいといったように、企業が大規模になることを願っている人が多い。

そのために、明確かつ、成長への熱意を感じられるようなビジネスモデルを示せることが必要だ。

起業家の人間性

エンジェル投資家が起業家に求めるものは「強い精神」と「組織力」である。

企業を大きくするためには、あらゆる困難を乗り越えなければならない。せっかく投資したのに、すぐに倒れてしまうようでは、エンジェル投資家にとってはまったくの無駄になってしまう。

「強い精神」を持って、折れることなく、知恵と努力で乗り越えられるような精神は、当然求められる。

また、エンジェル投資家たちは、企業が大きくなり、世間に注目されるような存在になって欲しいという想いがある。そのため、個人や小規模でやっていこうとする起業家には、投資をしたいと思わない人が多い。

多数の人と協力し、組織を盛り上げられる「組織力」を持つ起業家が好まれる。

エンジェル投資家とはどこで出会う?

では実際に、エンジェル投資家と出会いたいなら、どうするべきか。

かつては、エンジェル投資家を見つけることが難しいといわれていた。

アクションはほとんどがエンジェル投資家からであり、魅力的な商材をすでに取り扱っている必要があった。

現在は、ビジネスモデルをエンジェル投資家たちにアピールできる場が増えている。その具体的な方法を紹介する。

エンジェル投資家たちとSNSなどでつながる

エンジェル投資家として有名になっている起業家、実業家は、SNSで情報を発信していることが多い。

相手にされない確率は高いが、勇気を出して、DMやメールなどで直接交渉してみよう。

イベント・セミナーに出席する

起業家の交流会や起業に関するセミナーなどには、起業家だけでなく、エンジェル投資家も出席していることがある。

大きなイベントほど、 広い人脈を持つ 自治体や企業支援団体、大企業などが開いているため、自分のビジネスプランを支援してくれる投資家に出会う確率が高く、チャンスを掴みやすいというメリットがある。

マッチングサイトを使う

Web上で簡単に、多くのエンジェル投資家たちから、自分に合った投資家を見つけることができる。時間がないという起業家におすすめしたい方法である。

詐欺やセキュリティ面などを心配されるかもしれないが、セキュリティ面の強化はもちろんのこと、実名制のあるマッチングサイトもある。

信用できるマッチングサイトを選べば、安全かつ効率的に良い投資家と出会うことができるので、ぜひ検討してみて欲しい。

記事まとめ

エンジェル投資とは、信用も実績もないスタートアップ企業に手を差し伸べてくる、まさに「エンジェル」のような存在だ。

ただ、エンジェル投資家に選ばれるためには、魅力的なビジネスモデル、支援したいと思える起業家であることが必要。

そして、メリット・デメリットを理解し、エンジェル投資家に興味を持ってもらえるビジネスモデルが完成したら、エンジェル投資家たちとコンタクトを取る努力をしよう。

直接交渉したり、イベント・セミナーに出席したり、マッチングサイトに登録する。

特におすすめはマッチングサイト。安心できるマッチングサイトを選べば、自分に合ったエンジェル投資家に出会えるかもしれない。

最高の投資家と出会えれば、あなたの会社だってGoogleやFacebookのような、名を馳せる企業になれる可能性は無限大に広がっている。