【資金調達ガイド】資金調達の種類とメリット・デメリット

1:名無しさん@お腹いっぱい2020.02.05(Wed)

【資金調達ガイド】資金調達の種類とメリット・デメリットって動画が話題らしいぞ

2:名無しさん@お腹いっぱい2020.02.05(Wed)

This movie

3:名無しさん@お腹いっぱい2020.02.05(Wed)

なんでこんなに伸びてんの?
再生回数:1110
高評価:4
低評価:2
投稿日:09/20 05:15

ちな09/20 05:15時点での情報ねwww

4:名無しさん@お腹いっぱい2020.02.05(Wed)

わんこおつ

5:名無しさん@お腹いっぱい2020.02.05(Wed)

エンジェル投資で0とか荒れ過ぎわろwww

6:名無しさん@お腹いっぱい2020.02.05(Wed)

投稿したのが09/20 05:15で1110も再生されてるってすごいな

7:名無しさん@お腹いっぱい2020.02.05(Wed)

This is description

★チャンネル登録お願いしますm(_ _)m
→https://www.youtube.com/channel/UCHvyDIAwbNsvDwl6FeOJiig?sub_confirmation=1

★資金調達の無料診断できます
→https://shikinguide.com/entry/

資金調達には様々な方法があります。例えば
・ファクタリング
・公的融資精度
・銀行など金融機関からの融資
・エンジェル投資家など個人投資家
・ベンチャーキャピタル
・事業者ローン(ビジネスローン)
・カードローン
・補助金、助成金
・私募債
・親族や知人からの借入
・ABL
・IPO
・ICO

等々。

続きはこちら⇒https://shikinguide.com/guide/

「事業拡大に伴う追加投資」・「売掛債権の流動化」・「金融機関の評価スコアの向上」など資金調達に迫られる理由は様々です。

資金調達手段として銀行からの融資やビジネスローンの利用が知られていますが、実はこれ以外にも資金調達手段は多く存在します。

事業者間の生存競争が激化する現在、1つでも多くの資金調達手段の把握が事業運営には求められます。 いざという時のサバイバルテクニックとなる資金調達法を紹介します。

【3つに大別される資金調達手段とその特徴とは?】
資金調達手段は大きく3つに分類され、それぞれの資金調達手段の特徴は以下のとおりです。

1.アセット・ファイナンス
所有する自己資産の中で資産価値の高いものを売却し資金調達を行います。 売却可能な自己資産には有形資産や無形資産が含まれます。 アセット・ファイナンスでの資金調達は、流動性の低い資産を流動性の高い資金に置き換えることを意味します。 これは現在注目される「資本のオフバランス化」に繋がり事業運営の健全化を推し進める2次的効果も望めます。

2.デッド・ファイナンス
金融機関や公的機関からの融資や手形を割引で資金化するなど、最も広く知られる資金調達方法です。 手形割引での資金調達はアセット・ファイナンスのように感じるかもしれませんが、割引で資金化を行った手形が不渡りになれば買い戻し義務が発生します。ノンリコースではなく返済義務が生じるため、手形割引での資金調達はデッド・ファイナンスに分類されます。

3.エクイティ・ファイナンス
投資家からの投資で資金調達を行うのがエクイティ・ファイナンスです。 投資という形で調達した資金には返済義務が発生しませんが、資本金増資の出資比率によっては投資家の発言力が強くなり、事業の自主性を保つことが難しくなるケースもあります。 新たな資金調達方法として注目を集めるクラウドファンディングや、仮想通貨の1つであるトークンを発行し世界中に投資を募り資金調達を行うICOなどもエクイティ・ファイナンスに分類されます。

続きはこちら⇒https://shikinguide.com/guide/

8:名無しさん@お腹いっぱい2020.02.05(Wed)

>>7 ありがとう

9:名無しさん@お腹いっぱい2020.02.05(Wed)

>>7 おつおつ

10:名無しさん@お腹いっぱい2020.02.05(Wed)

>>7 おつかれ。いつもありがと